楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

海の京都に移住した若者たち 未来のため、まちを元気に−KOKIN代表・大滝雄介さん(1)/短期連載シリーズ

ワーケーションや地方への移住に注目が集まる中、京都府北部の「海の京都」エリアの京都府福知山市・舞鶴市・綾部市・京丹後市で2020年度、109世帯206人が移住した。その数は過去最多で、背景としてコロナ禍が移住を促したとも考えられる。2012年から19年まで舞鶴観光協会で観光振興事業に従事した筆者自身、自宅のある大阪府枚方市と二地域居住を体験し、海の京都エリアでUターンやIターンで移住定住してきた若者と出会い刺激を受けてきた。(観光交流アドバイザー・釼菱英明)

Uターンで地域に根差した活動

日本海に面し、人口約7万8500人の舞鶴市。海上自衛隊や海上保安庁の基地、造船所、日本板硝子の工場など明治34年(1901年)以降の鎮守府の町である「東舞鶴」と、昨年の大河ドラマの主人公・明智光秀とともに描かれた細川藤孝(後の幽斎)が築いた400年以上の歴史のある城下町の「西舞鶴」に大別できる。

西舞鶴のまちなかにも空き家が増えたが「西舞鶴の未来のために、まちを元気にしたい」と活動しているのが、一般社団法人KOKINの代表であり大滝工務店の社長でもある大滝雄介さん(39歳)さんだ。

私が舞鶴観光協会で滞在プログラムを作ろうと市内を駆け巡っていた同時期に、西舞鶴の古民家改装に向けたワークショップをKOKINが実施していたので大滝さんたちの活動に参加したいと思ったのを覚えている。

大滝さんは、生まれ育った故郷を好きになれず、千葉大学への進学を機に舞鶴を離れた。卒業後は、そのまま東京でNTTデータに就職。何となく都会での将来が見えてきたころ、お父さんの体調が悪くなり、舞鶴に帰ることを決め、2007年にUターン。11年にKOKINを結成した。

KOKINは現在、古民家を改修した「さいかあん」「同2号」のゲストハウス2軒と「カフェFLAT+」を運営。ふるさと納税を手掛ける地域商社「合同会社HOUKO」を昨年共同で設立、ママさんたちの活動を支援する「team.m」などをけん引している。また「京都移住計画」と組んで移住希望者に田舎暮らしの相談にのっている。

大滝雄介さん

大滝雄介さん

(次の記事)海の京都に移住した若者たち 未来のため、まちを元気に−KOKIN代表・大滝雄介さん(2)/短期連載シリーズ

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ