楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

海外旅行の本格的な復活をアピール JATA、7月15日から「海外旅行再開プロジェクト」を開始

22/07/07

日本旅行業協会(JATA、髙橋広行会長)は7月15日、2年ぶりに旅行催行が再開された海外旅行の本格的な復活につなげようと「海外旅行再開プロジェクト」をスタートさせる。各国で水際対策が進み、ようやく光が見え始めたこの時期に、街頭サンプリングやSNSを使ったキャンペーンなどを通して海外旅行市場の早期復活の機運を盛り上げる。

プロジェクトは、アウトバウンド促進協議会の活動の一環。「行こう!世界が元気になる旅」をキャッチコピーに、「旅行会社の海外旅行販売再開、海外旅行の安心・安全の環境整備などのメッセージを送り、海外旅行に出かける機運醸成を図る。

7月15日には同協議会の会員旅行会社や空港、航空、観光局、大使館が参加して東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡、沖縄の全国8カ所で街頭サンプリングを同時開催。参加団体のパンフレットやキャンペーン特製のうちわを配付して海外旅行をアピールする。東京駅八重洲口の東京会場では11時30分と14時に先着200人にプロジェクトロゴ入りグッズをプレゼントする。

海外旅行再開プロジェクト

「海外旅行再開プロジェクト」ロゴ

成田、羽田、中部、関空、伊丹、福岡の各空港と同協議会会員旅行会社の店頭などではキャンペーンポスターやサイネージを掲出してアピール。

7月29日までは旅行会社や空港、航空、各国の観光局ら57団体が協賛するツイッターハッシュタグキャンペーンも実施する。JATAのアカウント(@jataoutbound)をフォローし「#せかいたび」を付けて行きたい旅行先を投稿すると、抽選で海外旅行や国際線航空券、現地ホテル・オプショナルツアー・クルーズ、航空会社のノベルティグッズ、観光局・大使館・観光関連団体のグッズなど合計で296点が当たる。

詳しくは7月15日に開設される特設サイト(https://jata-sekaitabi.jp)へ。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ