楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

京都伏見の新たな大人旅 JTB京都支店「日本酒ペアリング船」、9月運航

22/08/26

JTB京都支店は、NPO法人伏見観光協会や伏見区地域力推進室などとともに、観光庁の看板商品創出事業に採択された「京都・伏見の新しい大人旅! 舟上で愉しむ日本酒ペアリング船」イベントを9月9―11日に実施する。8月6日にはメディアらを対象にした試乗会を行った。

イベントは、三十石船に乗って宇治川派流をゆっくりと周遊し、伏見の清酒と京料理を楽しむというもの。日本酒のまちであり港町でもある伏見の新しいアトラクションとして、観光客の滞留時間を伸ばそうという試みだ。

試乗会では、寺田屋浜から三十石船に乗船し、スパークリング日本酒で乾杯。伏見の蔵元を代表する大吟醸やにごり酒、純米酒など6種と、秋鱧の天ぷらや湯葉刺身、生麩の味噌田楽など京料理を味わう。それぞれ料理に合う酒を解説してもらいながら舌鼓を打つ。約1時間の短い船旅だが、伏見らしさを感じるには十分だった。

日本酒ペアリング船

日本酒と京料理を味わえる三十石船の船内

日本酒ペアリング船

酒と料理のセット

伏見観光協会の中川雄介事務局長は「コロナ禍で伏見も打撃を受けましたが、大人の旅でまちの賑わいが戻れば」と話していた。

9月の開催日はちょうど十五夜の時期。昼の部と夜の部で運航し、夜は月見も楽しめそう。3日間で9回運航する。定員は20人。

料金は昼5千円、夜6千円。20歳以上が参加条件。

問い合わせは日本酒ペアリング船事務局 電話075―365―3124。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ