楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅行需要回復で売上高13・3%増 阪急交通社・23年度連結決算

24/05/17

阪急交通社(酒井淳社長)は5月14日、グループの2023年度連結決算を発表した。売上高は前年度比13・3%増の2169億1500万円、営業利益は同67・4%減の49億6800万円を計上。国内を中心に旅行需要が順調に回復したが、コロナ関連業務の受注減でソリューション事業が前年を割り込み、営業利益は前年を下回った。

国内旅行は、コロナ禍からの旅行需要回復が進み、営業を強化。花火や紅葉のライトアップの貸切イベントツアーなど高付加価値商品の開発や、テレビ通販による販売、プロ野球阪神タイガースの優勝記念セールなどにも取り組み、売上高は前年を上回った。

海外旅行は。コロナ禍からの脱却を円安、物価高などの影響で回復はなかなか進まず。そんななか、航空座席供給量が回復した韓国や台湾をはじめアジア方面の販売を強化したほか、日本発着クルーズの販売、欧米や中南米、アフリカ方面の販売も積極的に取り組み、後半は回復が進んだ。

また、訪日旅行は需要回復が進み、その他事業としてコールセンター事業や空港での出入国補助、災害時の自治体への支援事業など新分野の業務受託にも力を入れた。

グループは、阪急交通社と阪急阪神ビジネストラベル、阪急トラベルサポートの3社。

阪急交通社

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ