楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ANAとJAL 7月の国内旅客は合計で3・5%増の640万人

19/09/10

全日空(NH)と日本航空(JL)の今年7月の国際線運航実績によると、2社の旅客数の合計は前年比0.9%増の170万6224人だった。

座席供給量を表す有効座席キロ(ASK)が4.3%増、旅客輸送量を表す有償座席キロ(RPK)が3.5%増となった結果、利用率は0.6ポイント減の79.6%とわずかに減少した。

このうちNHの旅客数は0.6%増の91万743人、ASKは5.3%増、RPKは4.4%増で、利用率は0.6ポイント減の77.7%。

JLの旅客数は1.3%増の79万5481人、ASKは3.0%増、RPKは2.4%増で、利用率は0.5ポイント減の82.0%となった。

前月に引き続き旅客数・ASK・RPKはNHが、利用率はJLが上回った。

NHの方面別旅客数は、最も多い「アジア・オセアニア」が3.8%減の60万7695人となった以外はいずれも増加。

A380型機の投入が始まった「北米・ホノルル」は11.7%増の22万1906人で2桁増となり、「欧州」も8.2%増の8万1142人となった。

利用率は「北米・ホノルル」が2.0ポイント増の82.3%となった以外は減少した。

JLの方面別旅客数では、最も多い「東南アジア」は2.5%増の29万4043人。伸び率は「米大陸」が最も高く、10.7%増の12万9650人となった。

利用率のトップは「中国」で3.3ポイント減の88.4%。

「韓国」は旅客数が6.2%増の5万2937人だった一方、利用率は10.5%減の76.8%と2桁減となったが、JLによれば機材の大型化による結果で、日韓関係の悪化による影響はわずかという。

国内線 ANAは4・4%増の342万人、JALは2・5%増の298万人

国内線の合計旅客数は3.5%増の640万4729人で、ASKは4.6%増、RPKは4.0%増、利用率は0.4ポイント減の69.3%。

このうちNHは旅客数が4.4%増の342万3288人、ASKが5.3%増、RPKが4.5%増で、利用率は0.6ポイント増の67.7%となった。

JLは旅客数が2.5%増の298万1441人、ASKが3.6%増、RPKが3.3%増で、利用率は0.2ポイント減の71.7%。国際線と同様に旅客数・ASK・RPKはNHが、利用率はJLが上回った。

情報提供 トラベルビジョン

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ