楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

20年以降の「自動追従電動車いす」導入へ ANA、成田空港で試験導入開始

19/10/09

全日本空輸(ANA)は10月9日、自動で前の車いすを追従する自動追従電動車いすの人の試乗と国際線乗り継ぎの人を対象にした試験導入(実証実験)を成田空港で開始した。11月28日まで。自動追従電動車いすの2020年以降の本格運用開始を目指す。

5月の実証実験の様子

成田空港では1日に300台の車いすが利用されている

近年、移動に不安のある高齢の人を中心に空港での乗り継ぎでの車いすの利用が増えている。成田空港では、1日あたりおよそ300台の車いすが乗り継ぎに使用されている。

自動追従電動車いすは、前を行く車いすにコンピュータ制御で自動追従する電動車いす。複数のセンサーで車いすの隊列の間を横切る人や障害物を検知することで、車いすに乗る方と周囲の方、そして施設内利用における安全性を確保する。

また、コンピュータ制御によって自然な加速や減速が行われ、快適な乗り心地が提供される。エレベーターを使用する際や保安検査場などでの自動追従の解除や再開も簡単に行え、乗り継ぎ時間が短い人の移動にもスムーズにご案内ができる操作性を有している。

今回の実証実験では、成田空港を利用する人および、実際に乗り継ぎをする人に乗車してもらい、電動車いすの乗り心地や便利さを体験してもらう中でさまざまな声を集め、係員の操作性などを検証する。

「パーソナルモビリティの活用による乗り継ぎの人の負担軽減やサービスの向上を目指す」と同社

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ