楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

高速道から道の駅へ退出 「賢い料金」適用を3時間に拡大

20/03/17

国土交通省は、ETC2.0搭載車が高速道路から道の駅に一時退出できる「賢い料金」について、3月27日から退出可能時間を現行の1時間から3時間に拡大する。

高速道路を降りて道の駅に立ち寄り後、3時間以内に同じ方向に再侵入した場合、降りずに利用した料金が適用される。道の駅に設置しているITSスポットで利用を把握できる。

同省では2017年から、高速道路のサービスエリアやパーキングエリアの大型車の駐車枠不足を補おう現行の取り組みを実施しているが、アンケートで利用者の4割、非利用者の6割が「短い」と回答したことなどを受け延長する。

全ETC2.0搭載車が対象、全国23の道の駅

道の駅23カ所と最寄IC

利用できる道の駅は、高速道路の休憩施設間が25キロ以上離れているエリアの一部で、全国の23カ所で変わらない。19年6月の調査では、人気の道の駅「もっくる新城」(愛知県新城市)では、1日平均平日38・9台、休日30・8台の利用があった。

一般車や観光バスも含めETC2.0搭載車は全て「賢い料金」の対象となる。ETC普及率は約9割で、そのうち2割がETC2.0を利用。大口多頻度割引や迂回割引などがあることで、大型車の利用率は約6割に上る。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ