楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ウィズコロナに対応

20/09/25

新型コロナウイルスの影響下で、観光客の動きが注目されていた今年最後の大型連休シルバーウイーク。結果、高速道路は久方ぶりの渋滞となり、有名観光・温泉地は多くの人で賑わった。ゴールデンウイーク、夏休みは遠出が控えられただけに、ようやく少しは観光客が動き出したと、胸をなでおろした観光関係者も少なくないだろう。

筆者もシルバーウイーク期間中、京都・嵐山や宇治・平等院、和歌山市などに足を運んでみたが、つい先日までは見ることのなかった人出に驚いた。駐車中の車のナンバーを見ても関東や中京方面が多く、カップルや家族連れが目立った。ほとんどの人がマスクをつけ、感染予防に努めていたように思えた。あとは2週間後にコロナ感染者数が大幅に増えないことを祈るのみである。

これで感染者数が増えなければ、ウィズコロナのつきあい方の一歩になるようにも思えるが、どうだろう。先日取材した病院の病院長は「旅行をしたらコロナに感染するのではない。旅行に出かけなくても日ごろ、マスクもつけず、手洗いもせず、1メートル以内で会話をしていれば感染率は高まる」と話しておられたが、その通りだろう。我々、観光関係者はきちんとした知識を持ち、コロナ対策をしっかりと行い、ウィズコロナに向き合いたい。

(トラベルニュースat 20年9月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ