楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

官兵衛や内蔵助が名言で安全性アピール 兵庫県バス協会、「バス密なし!3つの約束」CPを開始

20/07/16

兵庫県バス協会(長尾真会長=神姫バス社長)は7月15日、バスの新型コロナウイルス感染防止対策をアピールしようと「バス密なし!3つの約束」キャンペーンを始めた。22日に開始予定の政府の「Go Toトラベルキャンペーン」が始まるのを機に、バスの安全性を訴えていく。

キャンペーンは、協会加盟98社の取り組みとして感染防止対策を兵庫県民に伝え、コロナ禍で大打撃を受けた県内の観光バス、高速バスの需要回復につなげようというもの。

感染防止対策をわかりやすく伝えることを重視し、県の偉人「黒田官兵衛」「春日局」「大石内蔵助」をキャラクター化し、その名言からバスのウィズコロナへの“約束”を表現した。例えば、大石内蔵助なら「盃、下に置くべからず」という名言を「新型コロナ 車内に置くべからず」というコピーに置き換え、バスの飛沫防止対策の万全さをアピール。ポスターやリーフレット、車内吊り、ステッカーを制作し、加盟98社のバス車内や待合所、停留所などに掲示している。

バス密なし!3つの約束

「バス密なし!3つの約束」ポスター

また、県内の観光スポット8カ所を紹介する動画も制作し、YouTubeに公開。県内の観光需要喚起への取り組みも進めていく。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ