楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JR東海 蜜を避けた旅行をつくる「ずらし旅」のアイデア募集

20/09/15

コロナ下の密を避けた旅行を作ろうとJR東海は9月25-10月25日の1カ月間、「ずらし旅」のアイデアを募集する。いつもの旅行とは時間、場所、移動手段、行動を「ずらし旅」の具体例をツイッターで募る。

「ずらし旅」をツイッターで募集

面白いアイデアはJR東海の特設サイト「ずらし旅」で紹介するほか、抽選で同社沿線の特産品「信州中野 冷凍シャインマスカット&ナガノパープル」「伊勢志摩 上田商店 きんこ芋と芋蜜のムースプリン6個」「掛川一風堂 お茶屋茶匠の冷やし珈琲2本」を、各100人にプレゼントする。

同社ではすでに7月20日から、アドバイザー30人の「ずらし旅」を特設サイトで紹介している。

ウーバーイーツ配達員の大村達郎さんの提案する「ずらし旅は」は、「東京旅の食事は行列に並ばずウーバーイーツで」。行列店や混雑店のランチをウーバーイーツで注文し、お気に入りの屋外で食べる。

京都のタクシードライバー、岩間孝志さんは「昼食の時間ずらしは業界では当たり前」と秘訣を紹介する。「お昼にスイーツ、午後3時にランチがお勧め。人気スイーツ店のスイーツも売り切れ前に食べられるし、混雑が終わった食堂でゆっくりと昼食をとれる」。昼時は渋滞もなく、効率よく人を運べるメリットもあるそう。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ