楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

航空便3往復と3泊で「航空サブスク」 JAL、KabuK Styleと共同で実証実験

21/08/01

日本航空(赤坂祐二社長、JAL)はこのほど、KabuK Style(本社・長崎市、砂田憲治代表取締役)と業務提携を締結、ジャルパック(江利川宗光社長)を交えた3社で航空利用のサブスクリプションサービスの実証実験を行う。8月1日から参加者を募り、宿泊と組み合わせたサービスの提供で新しい移動需要の創出につなげる。

「航空サブスクサービス」の実証実験は、KabuK社が運営する宿泊サブスクリプションサービス「HafH」の会員を対象に、JALの航空サブスクサービスを提供。出張や旅行に加え、ワーケーションや多拠点居住といった新しいライフスタイルも提案する。実証実験でニーズを把握し、今後の展開につなげる。

参加希望者はHafH会員が対象で、別途3万6千円を支払えば、1回あたり1往復分の航空券と1泊の宿泊が、最大で3回まで利用できる。

申込期間は8月1日―11月16日。募集人数は300人で、対象出発日は8月23日―11月23日。

対象路線は羽田発着の新千歳、釧路、山形、小松、南紀白浜、高知、長崎、宮崎、那覇、宮古各路線。

詳しくはhttps://www.hafh.com/lp/jal/index.htmlへ。

航空サブスクサービス

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ