楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ウィズコロナはマイクロツー、テレワークで農山漁村地域へ 百戦錬磨が農泊の消費者ニーズ調査

20/07/22

百戦錬磨(上山康博社長)はこのほど、「ウィズコロナ時代」の農山漁村地域への旅行に関する消費者意識調査を実施、結果をまとめた。コロナにより新しい旅のスタイルが模索されるなか、三密とは比較的縁遠い自然豊かな地に注目が集まる。調査では時代の変化が与えた旅のニーズを浮き彫りにしている。

ウィズコロナ期の農山漁村地域への旅行意欲は、「ぜひ旅行したい」15%、「どちらかといえば旅行したい」45%、あわせて6割が意欲を示した。年齢別では20台が76%、30代が71%と高く、50%程度だったシニア層と比べると若年層の関心の高さがわかる。

農山漁村地域で泊まりたい宿泊施設は、旅館ホテルが70・8%でトップだが、「一棟貸、貸別荘、コテージ、古民家」が41・6%と高いニーズを持つ。注目の「城」「寺社仏閣」や「農林漁家民宿」は16%程度。

「新しい生活様式」を踏まえた農山漁村地域への旅行目的は、「地域の魅力を再発見できる近隣の旅行先」、いわゆるマイクロツーリズムが62・4%で抜きんでて高い。「テレワーク・ワーケーション」が30・2%で続く。マイクロツーリズムは高年齢層、テレワーク・ワーケーションは若年齢層で意欲が高い傾向も。

調査は6月25日にネットアンケートで実施。東京23区、大阪市、名古屋市在住の20―70代男女1千人が回答した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ