楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

秩父鉄道 3月12日から「PASMO」等の利用を開始

22/01/28

秩父鉄道(埼玉県熊谷市)は3月12日から交通系ICカード「PASMO」の利用を開始する。

PASMOのほか「Suica」「Kitaca」「TOICA」「manaca(マナカ)」「ICOCA」「PiTaPa」「SUGOCA」 「nimoca」「はやかけん」が利用できる。PASMOの利用開始に伴い羽生、熊谷、寄居、秩父など主要駅を除き、窓口営業を終了する。今後は係員が定期的に見回る。

秩父鉄道は埼玉県北部を横断する秩父本線・羽生駅-三峰口駅の72キロを営業運転。熊谷駅-三峰口駅間では、1988年からSLパレオエクスプレスを運転しているほか、古くから長瀞ライン下りなどを運営している。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ