楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ベトジェット G7中に広島-ハノイ線の就航を発表、7月から週2往復

23/05/22

ベトジェットは5月19日、広島市で開いた会見で、広島-ハノイ線に就航すると発表した。会見にはG7広島サミットで来日したベトナムのファム・ミン・チン首相も出席した。

中央はファム・ミン・チン首相

運航は7月19日から週2往復。飛行時間は約4時間30分で、往路は広島空港を9時45分に出発し、ハノイのノイバイ国際空港に12時35分に到着。復路は2時15分にハノイを出発し、8時45分に広島に到着する。現在、日本-ベトナム間は7つの路線に運航していて、広島は8番目の路線になる。

会見に出席した広島県の田邉昌彦副知事は「急速な経済発展が進むベトナムとの往来の利便性が高まり、ビジネスや観光など幅広い分野での相互交流が活発になることを期待しています」と述べた。

また、ベトジェットのディン・ベト・フオン最高経営責任者は「日本とベトナムを結ぶネットワークの拡大に取り組んでおり、2023年には150万席以上を提供し、日本の観光・経済拠点とベトナムの観光地を結びます」とコメントしている。

ベトジェットは現在、東京、大阪、名古屋、福岡とハノイ、ホーチミンを結ぶ直行便を7路線で運航。新潟、静岡、福島、愛媛などの都市へはチャーター便を飛ばしている。

 

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ