楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

上海―大阪・神戸航路に「鑑真」就航/旅客輸送は9月から予定

24/06/26

中国・上海―大阪・神戸を結ぶ貨客船「鑑真号」が6月11日、大阪港・国際フェリーターミナルに初入港した。当面は貨物のみの取り扱いで、旅客輸送は上海の旅客ターミナルが完成する9月から再開する予定だ。

鑑真

大阪港に初入港した鑑真(6月11日)

鑑真号は全長167メートル、総トン数は1万9948トン。客室は、寝室やリビングからなるスイートルーム、2段ベッドが2列ならんだ1等船室、2等和室などがあり乗客定員は192人。すべての部屋にシャワーとトイレを備える。また、レストランやバー・ラウンジをはじめダンスホール、スポーツジム、PCゲームが楽しめるゲームコーナー、キッズルーム、マージャン室など船内で過ごす時間を楽しめるようパブリックスペースを充実させた。

11日の初入港にあわせて開かれたセレモニーで、日中国際フェリー(大阪市中央区)の村上光一社長は「契約から完工まで2年弱。中国造船のポテンシャルの高さを示した新造船です。日中文化の融合、唐の文化をイメージして船内をデザインしました」などと紹介。鑑真の船長に初入港の記念盾を手渡した大阪市港湾局の丸山順也局長は「来年、大阪・関西万博が開かれます。多くの方が鑑真で、中国から来られることを期待しています」と話した。

初入港セレモニー

初入港の記念盾を贈呈

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ