楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅館初、全客室にスマホ導入 下電ホテルグループ2館/岡山

17/09/14

岡山県・下電ホテルグループの鷲羽山下電ホテル(倉敷市)と、ゆのごう美春閣(美作市)は9月1日から、宿泊客が無料で使用できるスマートフォン「handy」を全客室に導入した。同グループによると、旅館では全国初めてだという。

滞在中はhandyを自由に持ち出し、無料で国内外通話やインターネット接続ができる。Wi-Fiを探さなくても周辺地域の情報を調べたり、撮影した写真をアップロードできるほか、アプリケーションを自由に使用することもできる。旅館側からも宿泊客に向けた情報提供など、快適な滞在のサポートにつなげていく。

永山久徳社長は「海外では一般的になりつつある客室スマホを全国の旅館で初めて導入した。シティホテルよりも滞在時間の長い旅館では様々な活用法が考えられる」とし、増加し続ける外国人宿泊客をはじめ積極的な利用を呼びかけていきたいという。

外国人観光客

高客室稼働率を支える
外国人観光客

また、クラウドファンディングを活用し下電ホテルで進めていた「下津井電鉄客車移設プロジェクト」で、ホテルに客車を移設する日が9月30日に決まった。

車両はクハ24と呼ばれる客車とホカフ9の貨車。下津井電鉄の旧下津井駅で保管されていたものをホテル敷地内に移設。移設後は車両見学もできる。下津井電鉄は、岡山県南部の茶屋町―下津井間21キロを結んだ軽便鉄道。1991年に廃線になった。

なお、ホテルでは9月30日に移設見学宿泊プランを設定している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ