楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

第1期改装を完了 グランドニッコー東京台場

17/10/18

グランドニッコー東京台場は先ごろ、2016年7月のリブランドオープン後に、17年1月から20億円を投入し進めていた第1期改装事業を終えた。上層階のエグゼクティブフロアを、従来の2フロアから4フロアに倍増したほか、レストランを新・改装した。

これによりエグゼクティブフロアの客室は従来の60室から138室となった。また、最上階の30階に新たなレストランをオープンさせた。100種以上のワインをそろえたヨーロピアンスタイルのグリルで、従来の2倍の消費単価を狙う。また、1階のガーデンダイニングはテラス席を設けるなど、146席から200席へと拡張した。こちらではガーデンウェディングも強化する。

グランドニッコー東京台場

30階に新設した
ヨーロピアンスタイルのグリルレストラン

同ホテルでは2020年に、売上高150億円を目指し、18年には第2期改装に着手する。24階以下の客室を順次改装するほか、エグゼクティブラウンジの拡充、最上階にメーンバーのオープンなどを予定している。

同ホテルは、ホテルオークラを親会社とするホテル運営会社、オークラ・ニッコー・ホテルマネジメントのグループホテルで、グランドニッコーは国内に19ホテル、海外に18ホテルあるニッコー・ホテルズ・インターナショナルの最上級ブランド。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ