楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

浅草橋に「変なホテル」 HISホテル、人型ロボットが出迎え/東京

18/08/03

HISホテルホールディングスは7月13日、東京都台東区に「変なホテル東京浅草橋」をオープンさせた。2階のフロントに配置した人型ロボットが簡単な接客に応じるほか、館内設備の機械化やITの活用で生産性の高いホテルとして全国展開を図っているもので、7店舗目。東京には4店目の進出となった。7月20日には「変なホテル東京赤坂」も開業した。

浅草橋店はJR浅草橋駅および都営地下鉄浅草橋駅から徒歩2分の好立地に、新築の14階建て客室数は145室。国内旅行者、訪日旅行者とも観光客をターゲットに91室は定員が2人以上で、トリプルも21室用意した。観光客の足として、シェアサイクルを導入した。

フロントには変なホテルの名物でもあるアンドロイド風の男女のロボットがゲストを迎え、ロボットの魚が泳ぐ水槽がチェックインまでの癒しの時間を提供するとか。加熱式たばこ専用の喫煙フロアや、クラウドファンディングサービスのマクアケと提携し、クラウドファンディングで開発した新製品が滞在中体験できるフロアを設けた。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ