楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日旅協関西支部連支える委員会活動 1年間の取り組み

18/08/07

日本旅館協会関西支部連合会の各委員会ではこの1年間、活発な取り組みを行ってきた。なかでも総務企画委員会とIT戦略委員会はセミナーや講演会を開いてきた。

総務企画委員会は「旅館で働きたい人を増やし、雇用を長期化する取り組みの提案」として、関西圏の観光学部や外国語学部がある大学、観光専門学校などに講師を派遣。旅館で働く魅力をPRした。

2018年1月には、京都外国語大学と大阪YMCA国際学院で約100人の学生を集めて講演会を実施。京都の松井本館の若女将、松井もも加さんが旅館で働く意義や楽しさを訴え、学生らにメッセージを伝えた。今年度も大手前大学や神戸大学、兵庫県立大学など10カ所以上で開催することが決まっている。

IT戦略委員会は17年9月、18年3月にITセミナーを実施。9月には第1部で本部の針谷会長が「旅館ホテルの生産性向上」、第2部でシーアンドアールエムの小林武嗣社長が「旅館ホテルのCRM(顧客関係管理)入門」を行い86人が参加した。

今年3月のセミナーでは、第1部でChatWorkセールス&マーケティング部の樫山知拓さんが「コミュニケーションをIT化?―顧客満足と従業員満足を実現する仕組み」▽第2部で宿援隊の石井太樹社長が「独立系旅館・ホテルが採りうる、収益最大化のための現実的チャネル戦略―OTAを有効活用しながらの自社WEB集客」▽第3部でSansan営業部関西支店グループの渡邊隆夫さんが「ホテル・旅館の収益を下支えするSansanとは?」と題し講演。101人が参加した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ