楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

女性客に照準 玉造GH長生閣、客室などリニューアル/島根

18/08/10

島根県玉造温泉・玉造グランドホテル長生閣が7月6日にリニューアルオープンした。客室やパブリックスペースを改装したほか、食事なども見直し、女性を中心とした個人客や小グループに照準を当てた。

レディースルーム7室と和洋室8室を新設。レディースルームは、アメニティーやドライヤー、茶器などを女性好みの備品をそろえた。和洋室は、畳敷きの部屋にベッドを置いたつくり。今回の改装で全館では84室の規模に。正面玄関に面した旧館の客室は乗務員・添乗員用とした。

玉造グランドホテル長生閣

和室をリノベーションしベッドを配した和洋室に

ロビーは、じゅうたんやソファーを一新。1千坪の庭をより寛いだ雰囲気で眺められるようになった。また駐車場から旅館入口へ続く植栽を間引き、開放的な玄関周りに。館内へと続くアプローチの演出力を高めた。

食事処は2カ所を新設。2階の270畳の宴会場は、夕食用の食事処「八雲」に。ゆったり目のテーブルで、各テーブルは格子状の仕切りと半カーテンでプライベートな空間を確保。島根の旬の食材を用いた会席料理を提供する。1階のバンケットホールは、出雲ダイニング「秀峰」に。朝食時に和洋バイキング料理を提供する。

館内の宴会場は140畳、最大100人収容の中宴会場のみとなる。

食事会場を夕食と朝食で別々にすることで、人的シフトのスケジュールが組みやすくなったという。「社員の中抜き休憩もなく勤務してもらうことができ、従業員の確保がしやすくなりました」としている。

加えて、約80人いる従業員の中で清掃部を作り、外部委託は一部のみに。社員自らモチベーション高くきめ細かな清掃を行う体制とした。「コストを削減しながら、お客様に満足していただけるよう心掛けています」。料金は2人1室で1人1万5千円から。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ