楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

障がい者や高齢者に優しい旅館 なにわ一水が従業員に 「サービス介助研修」/島根

19/01/31

島根県松江市の松江しんじ湖温泉の旅館「なにわ一水」で1月8、9日の2日間、公益財団法人日本ケアフィット共育機構による「サービス介助研修」が開催された。同旅館は改修工事などのために休館しており、接客や調理、フロント、営業など各部署から計40人が参加した。

研修は2時間。障害者差別解消法などの法律や日本の高齢社会の現状、高齢者の身体のことや視覚、聴覚など障がいの状況について学習。高齢になった時の見え方を体験できるゴーグルをかけ、お互いの顔をみたり、書類に名前を書いたりして高齢者の状況を体感。また車椅子利用者への対応として、段差を上ったり、持ちあげて階段の昇降する方法のほか、視覚障がい者の案内方法などを体験した。その後、簡単な確認テストを実施し研修を終了した。

なにわ一水

2日間で各部署の40人が参加

勝谷有史社長は「接客部門だけでなく、調理部門のスタッフも学習することで、自分たちが調理した料理が高齢者には実際どのように見えているかを感じられ、気づきが生まれ料理に工夫が出てくるのではないでしょうか」。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ