楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「アオアヲナルト」にリブランド ルネッサンスリゾートが改称/徳島

19/02/26

徳島県鳴門市のルネッサンスリゾートナルトが4月1日、開業30周年に向けて「アオアヲ ナルト リゾート」に改称する。リ・ブランドに向けて、徳島県の伝統工芸のひとつ阿波藍をコンセプトにした客室も2月にお披露目した。

同ホテルは1991年4月にマジィリゾートナルトとして開業。瀬戸内海国立公園の風光明媚な地に、三世代が楽しめるリゾートホテルとして親しまれてきた。「アオアヲ」は空との出会い、客との出会いの感謝の思いから命名。縄文時代から使われていたヲシテ文字をモチーフにしたロゴも刷新した。

阿波藍ルームは4室。徳島を代表する4人の藍染めの匠が「阿波踊り」や「渦」をテーマに仕上げた。いずれも10畳と6畳と広縁からなる広さ62平方メートル。昔ながらの製法で作った阿波藍をふんだんに使った意匠を用いた。

客室オープンを記念し3月末まで、藍を食すフレンチ懐石のプランも設定した。1泊2食2人1室2万5千円から。

同ホテルは客室数208室、700人収容。15タイプの部屋があり、近くの大塚国際美術館とコラボしたゴッホの「ヒマワリ」をモチーフにした客室などもある。温泉大浴場をはじめパブリックスペースも充実する。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ