楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

パレスホテル東京 上期ADR初の6万円台に

19/07/29

パレスホテル東京は先ごろ、2019年上半期のADR(平均客室単価)が61726円と、初めて6万円台を超えたと発表した。3月以降、高単価のスイートルームの利用が高まったことがADRを押し上げた。

同ホテルの年間のADRは14年に4万円、17年に5万円を超えている。

皇居に面して立つパレスホテル東京

国別で上期に宿泊者数が多かったのは米国、中国、フランス、イギリス、香港の順。10連休となったGWは、連日90%以上の客室稼働で、売り上げも対前年同期で4・5%増と好調に推移した。

渡部勝総支配人は下期について、「9月のラグビーワールドカップ、10月の即位の礼と、国をあげたビッグイベントが続くことから、ホテルのプレゼンスをしっかりあげていきたい」とコメントしている。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ