楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【観光業界リーダー年頭所感】一般社団法人愛知県旅行業協会 会長 藤田雅也 氏

新春にあたり謹んでごあいさつを申しあげます。

一昨年1月にわが国で初めての新型コロナウイルス感染者が報告されてから、2年の歳月が経とうとしております。この厳しい状況下の中、必死に経営努力をしておられる観光業の皆様に最大限の敬意を表する次第であります。

まだまだ予断を許さない中、我々は手探りで2022年をスタートしなければなりません。業界では、大手旅行社の店舗の縮小、人員削減、業務の変革などを余儀なくされております。我々中小旅行業者においても団体旅行のあり方の再考、感染防止対策をふまえた営業形態など、あらゆる面での課題の解消がウィズコロナの時代に必要となっていくと思われます。今までの顧客との長い信頼関係や、顔と顔をあわせ培ってきた熱い商いの志は、まだこんな障害には負けないはずという気持ちで、このコロナ禍に立ち向かっていかなければなりません。

幸いこの2年間、休業補償、給付金、支援金、雇用調整助成金などの扶助を受け、一般社団法人愛知県旅行業協会の会員も最小限の廃業で踏みとどまっております。一刻も早く、日本のいや世界の医療科学の力で新型コロナウイルスの感染を防ぎ、また毒性を無力化せしめんことを願ってやみません。

また様々の都道府県で地域の支援事業が敢行され意義のあるものとなっておりますが、いよいよGo Toトラベル事業の再開に期待するものは非常に大きいものであるといわざるを得ません。

我々中小企業旅行業は新しい時代にふつうに顧客のお世話ができ、ふつうにバス旅行や飛行機や電車の旅ができることの喜びを感じ、もう一度初心に帰り、すべて感謝の気持ちで仕事に精進していかなければなりません。そんな幸せを改めて感じることができれば、この2年は良い機会であったのかもしれません。

最後に関係各位の格段のご支援に心から感謝するとともに、一日も早いコロナウイルスの終息と皆さま方のご健康をお祈りいたしまして、年頭のごあいさつとさせていただきます。

年頭所感

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから香川編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第3回は香川県の旅...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ