楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

新会長に中田力也氏 日本旅館協会関西支部連合会、24年度総会で選出

24/06/19

一般社団法人日本旅館協会関西支部連合会(岡本厚会長=不死王閣)は5月29日、大阪市港区のアートホテル大阪ベイタワーで2024年度通常総会を開いた。任期満了に伴う役員改選で中田力也さん(SHIRAHAMA KEYTERARACE ホテルシーモア)を新会長に選出し、専務理事には梶木実さん(有馬グランドホテル)、会計理事に金子憲之さん(びわこ緑水亭)が就任した。

中田新会長は「これまでたくさんの先輩から旅館経営について学ばせていただきました。今度は私が若手経営者に同様のことを伝えたい。様々な問題が山積していますが、事案と一つずつ向き合い対処し、本部からの情報を共有していきたい」と抱負を述べた。

日本旅館協会関西支部連合会

中田新会長

岡本前会長は「コロナ禍の会長としてみなさんの協力を得て任期をまっとうできたことに感謝申し上げたい。関西支部連合会は総務企画、IT・キャッシュレス・生産性向上、観光立国、労務といった委員会を設けて活発な活動を行っています。今後もこの流れで進めてほしい」と話した。

また、本部が推進するふるさと納税制度を活用して旅先の宿泊代を決算する現地決済型のふるさと納税サービス「ふるさtoらべる」にも言及。「新しい事業として連合会のライフワークと位置づけて取り組んでほしい」と要望した。

本部の大西雅之会長(あかん遊久の里鶴雅)は「先進的に活動いただいている関西支部連合会には心から感謝申しあげたい」とエールを送り、昨年初めて宮城県の秋保温泉で行った「観光と金融に関する全国懇談会」では、東北の全金融機関が出席し「金融問題を中心にまちづくりについての話し合いができ、今年も大分県由布院温泉で第2回目の懇談会を開くことになっています」と伝えた…

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ