楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

切り取り取材にご注意

21/02/10

先日、親しい旅行会社の社長から電話があった。「1月25日号の社説ほど我々中小旅行業者の声を代弁しているものはなかった。知人の旅行会社がGo Toトラベル事業についてテレビ取材を受けることになった。社説のことを話すように言ってもいいか」とのことだった。

もちろん承諾したが、放映後かかってきた電話は「やられた」。「Go Toトラベル事業は後回しでいい。先に医療現場へ予算を」という発言が“切り取り”され、本来の趣旨とは真逆の報道をされたという。

関西近郊の温泉地でも、昨秋に宿泊客が回復しつつあったころのテレビ取材で「お客様が戻ってきてよかった」とのコメントは無視され、温泉地の集客がいかに悲惨な状況かという後ろ向きな話をする人が出演していたという。他局でも、その人に取材が集中しているそうだ。

Go Toトラベル事業がいかに失策であるか、観光地はいかに苦しんでいるかを報道する目的でコメントを集める取材だということがよくわかる。

我々は仕事柄サービス精神が旺盛だ。ついつい相手の顔色を深読みしてしまい善意から話してしまう。でも、相手は百戦錬磨。結論ありきで取材しているかもしれないことを念頭に置き、業界全体を代弁する心持ちで臨もうではありませんか。

(トラベルニュースat 21年2月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ