楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

KNT―CTパートナーズ会・関西設立 中会長「新時代に前進」

19/07/31

近畿日本ツーリスト協定旅館ホテル連盟関西連合会の解散総会とKNT―CTパートナーズ会関西連合会設立総会がこのほど、大阪市天王寺区のシェラトン都ホテル大阪で開かれた。

解散総会終了後に開かれた設立総会では規約、役員、事業計画を決め、会長に中照策さん(かつうら御苑)を選出した。

中会長は「令和という新しい時代を迎えて、KNT-CTホールディングスとともに各事業を前向きに取り組んでいきたい」と抱負を述べた。

会社側を代表しあいさつしたKNT―CTホールディングスの丸山隆司社長(取材時)は「OTAの台頭などで業界を取り巻く環境が厳しいなか持続的成長を図るため、昨年4月に新しい組織体制を構築し、新しいビジネスモデルを持つ地域交流事業会社としての転換を実施している」と語り、近畿日本ツーリストの営業力と集客力、クラブツーリズムの企画力を融合させてKNT―CTパートナーズ会会員の期待に応えたいと話した。

KNT―CTパートナーズ会

KNT−CTホールディングスの
丸山社長(当時)が、近ツーの営業力と
クラツーの企画力を融合させると説明

KNT関西の三田周作社長は「新組織の目的は地域の活性化と誘客だが、関西では近畿大学との連携や、来年の大河ドラマ『麒麟がくる』の亀岡市の大河ドラマ館の運営、姫路城の管理、LGBTフレンドリー企業への加盟など新しい取り組みを行っている。“共創の時代”に対応していくことが我々の最大のミッション。グループ会社と連携し、元気な関西を全国に発信したい」と話した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ