楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

長野伊那谷や「仁淀ブルー」 日本版DMO、新たに14団体が登録

20/04/03

観光庁は3月31日、「日本版DMO」12団体、「日本版DMO候補法人」14団体を追加登録した。これまでで登録されたのは日本版DMOが162団体、候補法人が119団体となった。

今回登録された日本版DMOは次の通り。

【地域連携DMO】 しもきたTABIあしすと (青森県むつ市、横浜町、大間町、東通村、風間浦村、佐井村)▽山形県観光物産協会(山形県)▽長野伊那谷観光局(長野県伊那市、駒ケ根市、箕輪町、辰野町、飯島町、南箕輪村、宮田村、中川村)▽ひょうご観光本部(兵庫県)▽真庭観光局(岡山県真庭市、新庄村)▽高知県東部観光協議会(高知県室戸市、安芸市、東洋町、奈半利町、田野町、安田町、北川村、馬路村、芸西村)▽仁淀ブルー観光協議会(高知県土佐市、いの町、仁淀川町、佐川町、越知町、日高村)

【地域DMO】 DEGAM鶴岡ツーリズムビューロー(山形県鶴岡市)▽伊賀上野観光協会(三重県伊賀市)▽近江八幡観光物産協会 (滋賀県近江八幡市)▽紀の川フルーツ観光局(和歌山県紀の川市)▽ディスカバーリンクせとうち(広島県尾道市)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ