楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

デュシットD2ダバオ、フィリピン・ダバオ市ビジネス中心部に開業

19/09/18

タイ屈指の大手ホテル開発会社であるデュシット インターナショナルとフィリピンで急速に成長している不動産開発会社のTorre Lorenzo Development Corporation(トーレ ロレンツォ ディベロップメント コーポレーション:TLDC)は9月6日、 同ホテル内のデュシタニグランドボールルームにてデュシットD2ダバオグランドオープン記念式を開催した。

デュシットD2ダバオ

セレモニーにはロドリゴ・ドゥテルテ大統領らが出席

デュシット インターナショナルCOOのリム・ブーン・クウィーとTLDCCEOであるトマス・P・ロレンソ氏は、 フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領やセバスチャン・ドゥテルテ ダバオ副市長をはじめ国内を代表するビジネス、 ツーリズム、 ホスピタリティ業界からの重鎮がセレモニーに参加した。

セレモニーの中では、 デュシット インターナショナルとTLDCが、 地域に良い影響をもたらすことを示すため、 負傷した兵士の家族を支援する団体Armed Forces of the Philippines Educational Benefit System Office (AFPEBSO)に寄付を行った。

今年3月にソフトオープンした、 フルサービスを提供する高級ホテルのデュシットD2ダバオは、 ダバオ地域におけるTLDCによる昨今のプレミアム開発の一例だ。 新ビジネス街のJP ローレル通りから至近の、 市内のショッピングモール、 ITパークにも近い好立地にある120の厳選された客室とスイートで構成しており、 ダバオ国際空港から車で15分の立地を誇る。

設計は、フィリピンの著名な建築家マニー・サムソン氏。「生命の躍動」 をイメージしたホテルは、 当デスティネーションの文化的な豊かさを彷彿とさせつつも、 タイをイメージした上品なホスピタリティを提供するデュシットのユニークなブランドを反映して創り上げた。

同ホテルには、 広々としたデュシタニグランドボールルームと複数の隣接したファンクションルームのほか、 子供用プールと遊び場のある中庭のスイミングプール、 マダヤウ・カフェのオールデイダイニングレストラン、 洗練されたサイアムラウンジ、 デュシットを代表するナムスパ、 フル装備のディフィット フィットネス・センターがある。 デュシットの看板レストラン 「ベンジャロン」 もまもなくオープンする。

デュシットD2ダバオは、 デュシット インターナショナルがダバオでTDLCと署名合意した3つの新しいプロジェクトの1つで、 デュシタニレジデンス ダバオや、 ザ・ビーチ・クラブ ルビ・プランテーション・アイランドも近々グランドオープンする予定。

客室

今月ソフトオープンしたデュシタニレジデンス ダバオはデュシットD2ダバオに隣接し、 174軒のレジデンスとスイートで構成されており、 短期および長期滞在が可能。同地域の高級宿泊施設を再定義するような広々とした客室には、 高品質家具、 充実した設備のキッチン、 最新のテクノロジーが備わっている。

201812月にソフトオープンしたザ・ビーチ・クラブ ルビ・プランテーション・アイランドは、 ピンダサン港から船でわずか10分のダバオ湾沖にある隠れ家。プライベートビーチを見下ろす18棟の美しいシーフロントヴィラに加え、 広大なプール、 子供たちの遊び場やイベントホール、 そしてTarictic Grill & Snack Barがあり、まもなくウォータースポーツ・ダイビングセンターもオープンする。

「タイの真髄であるデュシットのホスピタリティをこの地ダバオにもたらし、 同地域を世界にプロモーションするためにTLDCと協力する機会を得たことを慎ましくも光栄に思う。 『デュシットD2ダバオ』『デュシタニレジデンス ダバオ』『ザ・ビーチ・クラブ ルビ・プランテーション・アイランド』は、 この地域で高まっているプレミアム開発における需要にいかんなく対応し、 大きな成功を収めることを期待している」(デュシットインターナショナル、 COO、  リム・ブーン・クウィー)

2020年以降、 主要な目的地に年間10~12のホテルをオープン

現在、 デュシット インターナショナルの不動産資産は271(所有9社、 管理262)で構成され、 13カ国で6ブランドを運営している。 同社は現在、 50のデュシットブランドのホテルを保有しており、 2020年以降、 主要な目的地に年間10~12のホテルをオープンする予定だ。

デュシット インターナショナルについて

1948年に、 現在の名誉会長を務めるタンプイン・チャナット・ピヤウイによって設立。 これまでにホテル経営、 ホスピタリティ業界、 教育分野において業界をリードする企業と成長し、 「デュシタニ」、 「デュシットD2」、 「デュシット プリンセス」、 「デュシット デバラナ」の4つのブランドの元、 ホテルとリゾートを展開している。 現在世界各地において開発中のものを含めて計50軒以上のホテルおよびリゾートを開発・運営しており、 ブータン、 中国、 インドネシア、 ケニア、 ミャンマー、 オマーン、 フィリピン、 カタール、 サウジアラビア、 シンガポール、 タイ、 およびアラブ首長国連邦などで、 開発・開業予定。 2020年には、 ミレニアル世代の旅行者をターゲットとした手頃な中規模のライフスタイルホテルブランド「アサイ・ホテル(ASAI HOTELS)」を開業する。 また、 アジアのバケーションレンタルリーディングカンパニー「Elite Havens」を買収し、 バケーションレンタル業も参入。 さらに、 「デュシット ブランド」を象徴するテワラン・スパや、 急速に成長する教育分野でのビジネスも展開している。 1993年に設立したデュシタニ カレッジは、 バンコクとパタヤにてキャンパスを展開しており、 職業訓練とホスピタリティの学位の取得が可能だ。 ル コルドン ブルー デュシット カリナリースクールも運営している。 詳しくは、 www.dusit.com

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
四県四色四国を彩る徳島編

第2弾は徳島県。宿泊者数全国最下位なんてなんのその。一度来たら阿波おどり、鳴門の渦潮な...

四県四色四国を彩る香川編

第1弾は香川県。夜景、瀬戸芸など女子の心をくすぐる要素たっぷりで、秋冬の彩りを演出する...

こだわりのおもてなし三重伊勢鳥羽志摩

日本古来の信仰の聖地、伊勢神宮を擁する三重県伊勢・鳥羽・志摩エリア。神々宿るこの地は聖地と...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ