楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

火災1年の首里城でも式典 ツーリズムEXPOジャパンin沖縄(2) ニューノーマル時代の観光構築に意欲

開催地からは下地芳郎・沖縄観光コンベンションビューロー会長が、沖縄で初めて開催されるTEJを契機に観光復興をさらに推し進めたいと強調した。「元に戻るのではなく、ニューノーマルへの変化やニーズに対応することが大事。安全安心な観光、量から質の観光への転換を図り、住んでよし、訪れてよし、受け入れてよしの環境をつくりあげたい」。

コロナの影響は開催規模の縮小だけでなく、これまでTEJの価値を高めてきた世界観光大臣会議に及んだ。世界的な渡航制限の継続により海外から観光大臣が来日できないことから、今回はビデオメッセージと日本駐在のタイ、エジプト、スペインの大使が各国のコロナ対応について紹介する形に変更された。

沖縄ではTEJ会期中の10月31日に首里城の火災から1年を迎えた。29日夜には玉城デニー沖縄県知事が主催する歓迎セレモニーが首里城公園で開かれた。玉城知事は「首里城の火災では国内外から励ましの言葉や支援をいただき感謝しています。政府が2026年までに正殿再建を目指す方針を示すなど復興へ着実に歩み進めています。今回の沖縄来訪を機に沖縄の歴史、文化、芸能、食を知ってもらい国内外に発信してもらいたい。コロナの1日も早い収束と沖縄、日本、世界の観光復興を祈念しています」とあいさつした。

ツーリズムEXPOジャパンin沖縄

首里城公園で行われた歓迎セレモニー。
中央が沖縄県の玉城知事

(前の記事)火災1年の首里城でも式典 ツーリズムEXPOジャパンin沖縄(1) 会期中2万4千人が来場

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ