楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

那須ハイランド、全館空調システム「エアロテック」を標準装備した貸別荘風の施設を建設

19/10/15

藤和那須リゾート(栃木県那須町)と三菱地所ホームは10月15日、藤和那須リゾートが管理・運営する栃木県・那須高原最大の別荘地「那須ハイランド」内に、 三菱地所ホームの全館空調システム「エアロテック」を標準装備した貸別荘スタイルの宿泊施設を建築すると発表した。

エリアマップ

1.計画地について

那須ハイランドは、 東北自動車道「那須IC」より約13km(約20分)または「黒磯・板室IC」より約19km(約30分)のアクセスにあり、 那須高原内で最大の総合リゾート別荘地。 エリアは、 総区画数約5,000区画(東京ドーム約171個分)で標高550m~1,050mに位置し、 既に、 別荘として約1,500棟程度が建築済み。

2.事業の背景について

エリアを開発した三菱地所レジデンス(開発時:藤和不動産)が、 2016年に日本駐車場開発グループの日本テーマパーク開発に藤和那須リゾートを譲渡。 現在は弊社が那須ハイランドを継続して管理・運営している。

藤和那須リゾートが運営しているエリア内の「那須ハイランドパーク」は、 北関東最大の遊園地であり、 年間来場者数が50万人以上に達し、 当エリア内の宿泊施設が不足している状況だ。 そこで、 別荘地内のさらなる活性化もめざし、 別荘として分譲も視野に入れた貸別荘スタイルの宿泊施設を積極的に増やしてきた結果、 現在50棟以上の同スタイルの宿泊施設を展開している。
今年度は、 藤和那須リゾートが発注者として、 10社のコンペティションにより6社を選び、 全18棟中、 5棟を三菱地所ホームが建築することとなった。

3.事業の概要について

(1)建築概要(三菱地所ホームが建築する建物概要)
1.建築地:那須ハイランド内、 遅山平(栃木県那須郡那須町大字高久乙字遅山3375-584他)
2.計画棟数:5棟(在来工法 平屋建1棟、 2階建4棟の宿泊施設)
土地面積 205.61坪他 建物面積 28.05坪他
3.主な仕様:全館空調システム「エアロテック」を全棟標準装備
4.竣工時期:2020年3月上旬

(2)計画内容
全体計画の企画要件は「泊まりたい・買いたいと思える非日常を演出できる魅力的な建物とする」を元に今回参加するハウスビルダーごとに、 更に魅力的なテーマを設けた。
三菱地所ホームのテーマ「NASUマルシェ+エアロテック」

計画内容

那須(NASU)には、 家族連れ、 ペット同伴、 サイクリング仲間など多くの人々が、 光・風・緑・水の自然に触れられる那須高原ライフを楽しみに訪れる。 また、那須野菜、 黒毛和牛、 乳製品、 高原ビールなど美味しい特産品であふれる場所だ。 そんな那須の食材を持ち寄り、 キッチンを中心に料理をしながら楽しい会話や笑い声が聞こえ、 キッチンとつながる外部デッキ(テラス)、 リビングダイニング、 玄関土間の空間のどこでも「NASUマルシェ」を楽しむことができる。

エアロテック

●全棟に全館空調システム「エアロテック」を標準装備。 どのプランも大きな吹き抜けと間仕切りのないオープンな空間を実現し、 どこにいてもみんなの顔が見えて、 お互いの声や気配を感じられる。寒い冬場でも部屋ごとに温度設定が可能で、 廊下やトイレも快適な温度にコントロールできる。
・建物の中、 どこでも快適温度で、 空気のバリアフリーを実現。
・24時間クリーンな空気が循環して、 ペットの臭いもしない。
・花粉やカビの胞子を97%カット、 カビ、 ダニの発生を抑える調湿効果あり。

4.宿泊施設(那須高原TOWAピュアコテージ In NASU

HIGHLAND RESORT)について
那須ハイランド内の宿泊施設であり、 従来から運営するコテージタイプ(全72室2LDK・82平方メートル ・西欧式暖炉付)、 プライベート空間が満喫できる別荘タイプの「リゾートハウス」、 期間限定で楽しめる「グランピングタイプ」、 斬新なデザインの「デザイナーズハウス」、 ワンちゃんと心ゆくまでリラックスできる「WITH PETシリーズ」など、 ゲストに様々な宿泊施設を「選択する楽しみ」を提供している。
遊園地に隣接しているコテージタイプの敷地内には、注目度が高い「那須の森の空中アスレチック『NOZARU』」が併設されている。また、 フロント徒歩圏内には、 「FACT LAND(FOREST ACTIVITY CRAFT TREASURE)」が今夏オープンし、 大自然の中でアクティビティやモノづくりが体験できたり、 FACTLAND施設内「CAFÉ & BAR 『MINAMO』」では、 那須高原の新鮮な食材とバラやハーブなどのエディブルフラワーで彩られた料理や飲み物で特別な空間を演出する。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ