楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

OYO Hotels Japan、2020年までに100以上のホテルとの提携目指す

19/12/02

ホテルおよびバケーションホームの大手グローバルチェーンであるOYO Hotels&Homesは11月29日、 日本で100のホテルを展開し、 50万人以上のゲストをこれまで迎えてきたOYO Hotels Japanが、 今後、 その優れたカスタマーサービスや利益率を更に改善し、 日本国内での持続的な成長及び向上を続けていくことを発表した。 2020年3月までに更に100以上のホテルとパートナーシップを組むことを目指す。

顧客第一のアプローチ:日本で50万人以上のお客様にサービスを提供

OYO Hotels Japanは日本で事業を開始してからこれまで、 東京、 大阪、 そして京都を始めとした日本全国50ヵ所以上の都市で100軒以上のホテルを展開してきた。 短期間で急成長を遂げ、 日本でおよそ50万人以上をおもてなしてきた。また、 その大部分は国内の人だ。 OYO Hotels Japanは、 より質の高い生活空間を提供するという使命の元、 2020年3月までに更に100以上のホテルとパートナーシップを組むことを視野に入れている。

OYO Hotels Japan合同会社 オペレーティング・パートナー プラスン・チョードリー

「OYOは、 誰もが適切な価格で良い生活空間に滞在する権利があるというシンプルな信念から始まりました。 OYO Hotels Japanはこれまで、 東京、 大阪、 京都など、 日本の50以上の都市に100を超えるOYOホテルをオープンしている。 現在、 この数を倍増させ、 2020年3月までに更に100以上の日本のホテルと提携したいと考えている。 これまで50万人を超えるゲストが滞在し、 OYOのホスピタリティを体験した結果、 ポジティブな反応をもらっている。私たちには、 経験豊富で多様なリーダー陣がいる。 これは、 急速な成長と成功を達成するための鍵だ。 ミッション駆動型の組織として、 私たちはホテルオーナーの利益を更に高め、 旅行者の皆様に高品質で標準化された信頼できる宿泊体験を提供し続ける」

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ