楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

マリオット、2023年北陸初進出は「福井」に

20/01/17

マリオット・インターナショナルは2023年、 北陸地方初となるホテル、 コートヤード・バイ・マリオット福井を福井県福井市に開業する。 ホテルは約252室を擁する予定で、 心地よい環境でゲストに最高のホテル体験を届けるとともに、 素晴らしい眺め、 また、 ビジネスに落ち着きをもたらす施設を提供する。

「この新たなコートヤード・バイ・マリオットとともに、 日本における当社のポートフォリオを拡大することができ、 喜ばしい限りだ。 日本では既に5軒のコートヤード・バイ・マリオットのホテルを展開しているが、 歴史的名所や海と山に囲まれた美しい自然を持ち、 素晴らしい食の地でもある福井がポートフォリオに加わることが待ち遠しい」(マリオット・インターナショナル アジア太平洋 開発最高責任者、 ポール・フォスキーのコメント)

27階建てビルの高層階に位置し、 12室のスイートを含め約252室のゲストルームを擁するコートヤード・バイ・マリオット福井は、 福井市の素晴らしい眺めを見下ろすことができる予定。 開業の際には、 会議室やボールルーム、 オールデイダイニング、 日本食レストラン、 ロビーラウンジを完備することが予定され、 地元名物を楽しんだり、 カジュアルな雰囲気の中で寛いだりできる。

コートヤード・バイ・マリオット福井は、 主要な公共交通機関や観光名所付近に位置し、 新たに開発され、 住宅やレンタルスペース、 オフィス施設などが集まる多目的利用ビルの一部となる予定。 ゲストは、 福井城址、 九十九橋や足羽川、 養浩館庭園、 足羽山遊園地、 一乗谷朝倉氏遺跡などをはじめとした様々な有名観光名所の他、 春の桜の眺め、 福井が誇る越前かにまつりなど幅広い体験の数々が楽しめる。

また、立地は福井を各都市へとつなぐ新幹線が2023年に開通予定の福井駅から、 徒歩圏内に建設される。ソウル、 上海、 台北、 香港などの国際線、 また、 東京、 札幌、 仙台、 福岡、 那覇などへの国内線が離着陸する小松国際空港までは、 福井市内から車で約45分でアクセスすることができる。

ホテルの開発と所有は株式会社ユアーズホテルフクイが担い、 マリオット・インターナショナルが運営を受託する形となる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ