楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

磐梯熱海温泉 清稜山倶楽部、20年春「ゆとりろ磐梯熱海」として新装開業

20/01/20

リゾートホテル・旅館の問題解決のプロフェッショナル集団「ワールドリゾートオペレーション」は2020年春、磐梯熱海温泉 清稜山倶楽部(福島県郡山市)を新屋号「ゆとりろ磐梯熱海」として新たなコンセプトで新装開業をすることを発表した。郡山からアクセスが良いこの地で新規市場を開拓することで、さらなるたくさんの人にとろとろとした美肌効果の高い良質な泉質と豊かな自然の魅力を体感してもらい、 磐梯熱海温泉エリアの活性化を目指す。

ロゴ

“ゆとりろ”とは、 全国に9店舗を展開する温泉を旅する和モダン旅館ブランド。 ゆとりろ(Yu-To-Relo)の由来は、 温泉(Yu)と(To)日本全国を旅する(Relocation)を意味する。それぞれの宿では良質の温泉、 癒しの空間、 地産地消の美食、 地方の魅力を再発見できる。

全国で展開するゆとりろブランド

ゆとりろ磐梯熱海としてゆとりろブランドの仲間入りをすることで、 名水処で知られる磐梯熱海温泉の地で深沢の名水を生かした心躍る料理の数々から良質な美肌の湯に加え、 これまでになかったコンテンツを充実させ、ゆっくりと寛げる空間へと生まれ変わる。

客室は更に10室を増室予定だ。

https://www.seiryozan.jp/

石鹸とおなじ役割を果たす成分が認められた良質な泉質

裏に広がるケヤキの森の散策路を楽しむことができる

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ