楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

建築倉庫ミュージアムで、8月23日までクラシックホテル展

20/02/26

建築倉庫ミュージアム(東京・品川区天王洲)で8月23日まで、日本国内のクラシックホテルの魅力を伝える企画展、「クラシックホテル展-開かれ進化する伝統とその先」が開かれている。

開業から100年を超えるホテルを含む、12のクラシックホテル(日光金谷ホテル、富士屋ホテル、万平ホテル、奈良ホテル、東京ステーションホテル、ホテルニューグランド、蒲郡クラシックホテル、リーガロイヤルホテル(大阪)、雲仙観光ホテル、山の上ホテル、京都ホテルオークラ、学士会館)の建築図面や写真など貴重な資料を展示する。

クラシックホテルには建築、室内装飾など随所に、創業者の込めた想いが色濃く反映されている。企画展では創業者の想いを建築家がいかに建築空間に落とし込んだか、音声・映像・写真・家具の展示などから明らかにし、時代を生き抜いてきたクラシックホテルの魅力に迫る。

同ミュージアムは建築模型の展示と保管に特化した施設で、同期間、「模型都市東京展」も行っている。

入館料は大人3100円。2つの企画展を見学できる。東京モノレール天王洲アイル駅から徒歩5分。月曜日休館。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ