楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本旅館協会 次期会長に浜野副会長(札幌市定山渓温泉)

20/04/01

日本旅館協会(2486会員、北原茂樹会長=京都市・旅館こうろ)は3月23日、東京・永田町の全国町村会館で理事会を開き、次期会長に浜野浩二副会長(69歳、ハマノホテルズ=札幌市定山渓温泉)を推薦することを決めた。

日本旅館協会の次期会長に推薦された浜野副会長

新会長は正式には、6月17日の総会で、新たに選ばれる理事の互選で選任される。

北原会長は2018年6月の総会で会長に就任し、今年が1期2年目。70歳定年制の会長規定により勇退する。

コロナ対応で、20年度本部会費、総額6千万円相当を免除

理事会では2020年度事業計画と予算も承認した。コロナウイルスの感染拡大の影響により宿泊者、宴会利用者とも激減するなか、今年度の本部会費を免除することを決めた。

本部会費は客室数などで決まり、最大で1施設当たり10万円程度になるという。総額では約6000万円。

同様に各支部の総額で、例年約6000万円程度になる支部会費についても、一律半額に減額する。全国に9支部ある。

また、理事会では事業を縮小しない方針を確認した上で、さらにコロナ収束後の宿泊キャンペーン費用として2000万円を計上した。会費がない分は剰余金を当てる。

日本旅館協会では、針谷了前会長(滋賀県おごと温泉・湯元舘)の2期4年に、徹底的な事業の見直しで財政再建を行っている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ