楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ:山形県 15日から県民県内お出かけキャンペーン開始

20/05/15

政府は5月14日、全国を対象にしていた緊急事態宣言について、東京や大阪など8都道府県を除き、39県を解除した。ただ、県境をまたいでの移動は引き続き自粛が求められるなか、国が補正予算に観光復興予算として計上した1・7兆円の「Go Toキャンペーン」を始動できる状況にはない。

そうしたなか、山形県は5月15日から、2000円分のクーポンを1000円で販売する、「県民県内お出かけキャンペーン」を開始した。また、抽選で5000円分の割引クーポンがあたる、「県民泊まって応援キャンペーン」の応募の受け付けも始めた。

お出かけキャンペーンは、道の駅や観光施設など、県内の観光立ち寄り施設で使える2000円分のクーポンを1000円で販売するもの。県の委託を受けた山形県観光物産協会では、キャンペーンウェブサイトを開設し、クーポンを販売する82の施設を紹介している。5月15日に発売した。

クーポンは1人につき1枚販売し、購入した施設でのみ使用できる。有効期間は購入から6カ月間で、2021年3月31日まで。

総販売枚数は3万枚を予定している。

県民県内泊まってキャンペーンで5000円分のクーポン3万枚発行

県民泊まって応援キャンペーンは、県民を対象に、県内の宿泊施設で使える記名式の5000円分クーポンを、抽選で3万枚配布するもの。特設ウェブサイトもしくは専用のハガキで、泊まりたい宿泊施設を指定して応募する。

クーポンの対象となるのは317の宿泊施設で、ウェブサイトに一覧が掲載されている。

クーポンは指定した宿泊施設で、宿泊プランの支払いとして、割引額が半額を超えない範囲で利用できる。

例えば、宿泊を含む料金が1万円の場合は、使えるクーポンは1枚(5000円分)。同様に、宿泊を含む合計の支払い料金が2万円以上なら2枚(1万円分)、3万円以上なら3枚(1万5000円分)使える。

宿泊プランが1万円に満たない場合、例えば1人1泊8000円の宿泊施設に夫婦など家族で泊まる場合、合計金額の16000円に対し、クーポン1枚が使用できる。

申込は1人1回で、6人分まで。締め切りは5月31日。当選者には、クーポン券もしくは電子クーポンを6月2日以降、順次発送する。当選者は、クーポン到着後、宿泊施設に直接予約して利用する。クーポンの利用期間は6カ月間。

宿泊施設に対しては、山形県観光物産協会が予約の確認後、前売り金として、クーポン券面額を払い込む。売上のいち早い現金化で、宿泊施設を支援する。

県民泊まって応援キャンペーンでは、今後、県内の旅行業者が販売する宿泊プランで使える5000円分のクーポン2万枚の発行も準備している。

山形県は、コロナウイルス感染防止対策や緊急経済対策として、4月30日に可決した313億円規模の補正予算に、「県民泊まって応援キャンペーン」と、「県民県内お出かけキャンペーン」事業費3億6千万円を計上していた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ