楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ:群馬県 総額12億円の泊まって応援キャンペーン開始

20/06/08

群馬県は6月5日から、県内宿泊施設を支援する「泊まって応援キャンペーン」を開始した。群馬県民に限定し、先着30万人に、1泊あたり5000円を補助する。5000円のうち県が4000円、宿泊施設が1000円分を負担する。宿泊期間は7月31日まで。

この2カ月は地元で旅行

コロナウイルス感染症の影響で、大きな打撃を受けている県内宿泊施設を支援する。予算規模は12億円。国から交付される、「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」の一部を充てる。

キャンペーン登録施設で、宿泊料金が1人1泊6000円以上の場合に、利用者は5000円の割引もしくは、会計時に5000円のキャッシュバックを受ける。現在、県内約300施設が登録している。施設への直接予約だけでなく、旅行会社経由でも適用される。

他県の宿泊支援策では、支援の上限を、「宿泊料金の半額」としていることが多い。この点について県では、「制度をできるだけシンプルに、そしてスピーディーにスタートすることを優先しました」と説明している。

本来であれば4-6月は、群馬県がJRグループと9年ぶりに共催する大型観光キャンペーン、「群馬デスティネーションキャンペーン」(群馬DC)の真っ最中だった。全国からの集客ができない状況で、県民の県内宿泊需要が県内観光産業を支えることになる。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山代編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山代温泉の魅力にスポット。未だ制...

三重鳥羽から始めるウィズコロナの旅

東京や関西などの緊急事態宣言が6月20日にようやく解除された。引き続き感染予防の徹底は求め...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ