楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ロビー、ラウンジを一新/兵庫県日和山温泉・ホテル金波楼

21/01/19

兵庫県豊岡市の日和山温泉「ホテル金波楼」が2020年11月末、メイン棟「渚の館」のリニューアル第一期工事を終えオープンした。耐震工事とともに玄関ロビーなどを一新、宿泊客の安全確保とともに旅館全体のイメージアップに取り組んだ。リニューアルオープンを機にロゴマークも刷新した。

渚の館のリニューアルのうち玄関・ロビー・ラウンジは、国内外で活躍する久住有生氏による左官アートをフロント横の壁面に設置するなどアート作品を各所に配置。ラウンジの床をフローリングとしグレード感を一気に高め、絶景を楽しみながら自由に飲物を楽しめるようフリードリンクサービスを始めた。

フローリング敷きで高級感を醸し出すロビーラウンジ

また、ラウンジの突き当りで海に面していたコンベンションホールの控え室を廃止し、日本海と龍宮城伝説が残る後ヶ島を望む「龍宮テラス」を新設。ガラスのベンチを設置し、絶景の写真スポットとして整備した。

従来から課題となっていた宿泊客の動線やバックヤードの改善にも着手。玄関フロントおよびロビーフロアから大浴場へ移動する場合、階段の昇降が必要だったが、エレベーターを新設しスムーズに移動できるようにした。厨房も作業性と衛生区画を考慮した改造を行い、調理ゾーンと盛付ゾーンを明確化し、食材搬入経路や製品冷蔵庫を拡充した。加えて、食事会場パントリーの冷蔵・温蔵機能の充実、レイアウト変更によって作業効率の向上を図りサービスの充実を実現した。

さらに「岬の館」最上階7階の特別室・特別洋室を改装した。

リニューアルを機に刷新したロゴマークは、荒々しい日和山海岸の波涛からの日の出をイメージ。地元・豊岡市出身の書家・川尾朋子氏が手がけた。館内には若手アーティストの作品を随所に取り入れた。

ホテル金波楼は、客室数70室。第一期リニューアル工事は昨年4月に着工した。投資額は約10億円。二期工事は、一部食事会場利用を想定したコンベンションホールのリニューアルや新コンセプトのナイトラウンジの整備、エントランスを改装し今年4月下旬に完了する予定。URLはhttps://www.kinparo.com/

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ