楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

宿泊療養等ホテル 東横イン40軒、アパ36軒を一棟貸し

21/06/11

厚生労働省はコロナウイルス感染者のうち軽症者等の宿泊療養施設について、6月2日現在ですべての都道府県で3万8028室確保し一部を使用していると発表した。

都道府県別の客室使用率は福井県、和歌山県、徳島県の0%から兵庫県66%、愛知県65%など様々。

確保している客室が最も多いのは大阪府の3986室で、使用率は13%。2番目に多い東京都は2830室を確保し、使用率は35%となっている。

厚労省や都道府県は宿泊療養施設について一棟貸しを基準としていて、大手チェーンホテルなどが要請に応じている。

このうち東横イン(東京都大田区)は5月31日時点で40軒、アパホテル(東京都港区)は6月4日時点で36軒を宿泊療養施設や入国者や帰国者の一時待機・滞在施設として一棟貸ししている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ