楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

少子高齢化の解を発信する アジア異業種連携協同組合代表理事・田辺研吾さん

21/02/16

アジア異業種連携協同組合は、宿泊業界に特化した技能実習生事業を展開しております。宿泊職の技能実習制度は、2020年2月末に認可されたばかりの新しい制度です。21年2月現在、コロナ禍によって(従業員様の休職、施設の休館など)苦渋のご選択をされている時期に、採用のお話、ましてや外国人採用のお話をすることについて憚られる気持ちがあります。

しかしながら、技能実習生はご依頼いただいてから約半年後の入社となること。また3年間の実習期間を修了した後は5年間の特定技能ビザへ変更可能であることから、中長期的かつ安定的な採用計画として、いくつかの旅館ホテル様とお打ち合わせを進めている現状もございます。

また、この年末年始には複数の旅館様よりご依頼いただいた実績もあり、こうして本号にて掲載の運びとなりました。

アジア異業種連携協同組合代表理事・田辺研吾さん

アジア異業種連携協同組合代表理事
田辺研吾さん

私たちは「少子高齢化社会の解を日本から世界に発信する」という使命を掲げて事業に取り組んでおります。その中で「日本の歴史と文化を守っているのは宿泊業界のみなさまである」という思い、そして「日本の未来を担うのは観光業である」という思いから、宿泊業界に特化することを決めました。

これからもこの思いと業界特化の強みを活かしてご支援していきたいと考えておりますので、ぜひ一度お声がけください。もちろんオンラインでのお打ち合わせも対応しております。

アジア異業種連携協同組合 電話06―7167―4346。

(寄稿)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ