楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ナンバーワン朝食はどれだ「IPPINグランプリ」 休暇村、60周年でビュッフェ一新で実施

21/04/07

休暇村協会は4月1日から、全国の休暇村で提供する朝食ビュッフェを対象とした「IPPINグランプリ」を始めた。今年迎える創業60周年を機に、全国の休暇村のビュッフェメニューを刷新したことから企画。旅行者が各施設の逸品を評価、その結果でランキングを決める。

休暇村では朝夕のビュッフェをこれまで以上に地元ならではのメニューを採り入れ、旅行中の食事としてのクオリティ向上を図る。

同グランプリはその一環で、全国の各休暇村の料理長がおすすめの朝食の逸品を対象に旅行者から10点満点で投票を受け付け、結果をランキング化。休暇村HP(https://www.qkamura.or.jp/campaign/ippin/)からリアルタイムで最新順位を確認できる。

エントリーは、休暇村陸中宮古からは「瓶ドン」、休暇村気仙沼大島からは「ふかひれ茶漬け」、休暇村南紀勝浦からは「生マグロのお刺身&オリジナル丼」など多士済々なラインナップ。

前半戦は9月末まで、後半戦は10月―2022年3月末までと2回に分けて実施。投票者の中から抽選で各回60人に休暇村の会員ポイント6千ポイントが当たる。

瓶ドン

休暇村陸中宮古は「瓶ドン」をエントリー

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ