楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「フェアフィールド·バイ·マリオット·和歌山すさみ」がオープン 道の駅に隣接、地域観光の拠点に/和歌山

21/06/17

世界中でホテルを運営するマリオット・インターナショナル(本社・米国)は6月9日、和歌山県すさみ町に「フェアフィールド·バイ·マリオット·和歌山すさみ」をオープンした。道の駅すさみに隣接し眼前に臨む太平洋をはじめ地域の魅力を体感できる施設として期待を集めている。

同社のホテルブランド「フェアフィールド」による、各地の道の駅を拠点とした「Trip Base 道の駅プロジェクト」の国内13番目の施設として誕生。住宅メーカー積水ハウスとタッグを組み、ホテルを道の駅に隣接させ日本の文化伝統や地域観光を国内外の観光客に楽しんでもらおうという地方創生に向けたプロジェクトだ。地域観光資源のネットワーク化を目指し、8月2日には岐阜県高山市に「フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜高山荘川」もオープン予定。2025年には25道府県で約3千室規模への拡大を目指す。

同館は、太平洋に面する道の駅すさみに隣接。世界遺産・熊野古道にも近く、海山の周辺エリア観光の拠点としての利用を促す。「めはりずし」をはじめとした郷土料理や海山の幸が味わえるのも特徴だ。

フェアフィールド·バイ·マリオット·和歌山すさみ

「フェアフィールド·バイ·マリオット·和歌山すさみ」外観

地下1階には温泉施設「望海のゆ」もオープン。ホテル宿泊客は無料で利用できる。

「フェアフィールド」共通デザインとしては、パブリックエリアを交流の場であるソーシャルスペースとして提供。客室にはベッドや収納スペース、ワークスペース、ガラス張りのシャワーブースと冷蔵庫を完備。道の駅の特産物が詰まった朝食ボックス付きプランも設定している。

同館では12月末まで開業記念キャンペーンも設定。フェアフィールド・バイ・マリオット 道の駅ホテルのオリジナルエコバッグ付きのパッケージを用意している。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽から始めるウィズコロナの旅

東京や関西などの緊急事態宣言が6月20日にようやく解除された。引き続き感染予防の徹底は求め...

スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ