楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

総会にチーム力を見る

24/06/12

観光業界団体の総会の真っ只中で、各団体のトップのあいさつや事業の取り組みを聞いていると、トップがいかにビジョンを持っているかいないかが分かる。

右肩上がりの高度成長期なら時代の流れに合わせて舵を切っていけばよかったのかもしれないが、今の時代はトップの考えから会員が一つのチームになって自ら舵を切り針路を見い出さなければならない時代になっている。

かつては「組織や団体は何もしてくれない。入っていてもメリットがない」と言った愚痴が会員などから聞こえたが、今は運営側と会員が一緒になって問題や課題を考え、知恵を絞って難局を乗り切ろうとしている組織が活発化している。

そういった組織のトップはつねに業界内外の動きをリサーチしていて諸問題を把握し、針路を決めてチーム一丸で課題解決に向けての取り組みを行っている。チームの中核には必ず一翼を担っている若い世代がいる。若い世代が意欲的に取り組めるようトップは心がけているのも特徴だ。年配者と若手の分け隔てなく、組織内の会員同士の関係性の質が高い。

今の時代の中では、会員の数よりも質を求めなければならず、それを志向するトップ次第で組織が活性化していくのを実感している。

(トラベルニュースat 24年6月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ