楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

アルペンルートが開通、「雪の大谷」の迫力を 富山県立山黒部

19/05/15

立山黒部貫光営業推進部の沼田健太郎さん、河合佐紀さん、同社西日本営業所の二本松信吾さんがこのほど、トラベルニュース社大阪本社を訪れ、4月15日に全線開通した山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート(TKA)」の今シーズンの取り組みを紹介した。

TKAでは今年から、シーズン突入を告げるシンボルである巨大な雪壁「雪の大谷」を歩くイベント名称を「立山黒部・雪の大谷フェスティバル」に改称。「6月22日までの69日間にわたって開催されるイベントには年間で約30万人が国内外から訪れます。雪の大谷の回廊を歩いていただいて雪壁の迫力と美しさ、自然の神秘を感じてください」と沼田さん。

二本松さんは「今年は室堂に加え、大観峰に『アナザーステージ』を開設しイベントエリアを拡大します。大観峰駅屋上の雲上テラスには巨大なかまくら『雪のポケット』、大観峰駅2階テラスには『雪のトンネル』も登場していますので、ぜひ訪れてください」。

河合さんは「アルペンルートの魅力を知るにはガイドさんの同行が一番です。ガイドさんと一緒にアルペンルートの魅力に触れてみてほしいですね」。

立山黒部貫光の皆さん

立山黒部貫光の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ