楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

OATA招き志国高知の魅力アピール 高知県観光コン協、モニターツアーで送客促す(2)

意見交換会の席上、同博推進協議会の宮村耕資委員長は「今年は大政奉還150年、来年2018年は明治維新150年と幕末の主要舞台である土佐はメモリアルイヤーを迎えている。維新博は、今年3月の開幕から19年3月末までのロングランとなるが、歴史や自然、食をアピールし、ぜひ送客をお願いしたい」と組合員に呼びかけた。

高知県モニターツアー

意見交換会で送客を呼びかける
宮村委員長

これを受けて徳原理事長は「大河ドラマ『龍馬伝』以降、400万人の観光客を維持されているということは、相当な努力をされていることだと思う。我々OATA組合員に、この2年間の商談会、今回のモニターツアーとご配慮をいただき、感謝している」と語り、1人でも多く高知県へ送客できるよう努力したい、と決意を示した。

意見交換会終了後は城西館、三翠園、ホテル高砂、土佐御苑に組合員が分宿し、それぞれの宿を満喫した。

翌6日は、いの町紙の博物館で土佐和紙の工程を見学し、地場産センターを経由して、同博の地域会場である佐川町立青山文庫へ。坂本龍馬や武市半平太、中岡慎太郎、勝海舟など幕末で活躍した偉人の書状などを見学した。さらに酒造会社・司牡丹の酒蔵が建ち並ぶ酒蔵の道を散策した。昼食は佐川町の大正軒で名物の鰻重を味わった。さらに「仁淀ブルー」の美しさで知られる中津渓谷を歩き、屋形船を貸切って仁淀川の舟遊びを楽しんだ。

高知龍馬空港からANA1616便で帰路についた。

OATA組合員は「高知にはお客様をお送りしているが、実際に自分で来てみて高知の良さを実感できた」「高知市内だけではなく、周辺も魅力ある素材がそろっている」と話していた。

(前の記事)OATA招き志国高知の魅力アピール 高知県観光コン協、モニターツアーで送客促す(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天下の山城から始まる島根安来紀行

今、山城がブームとなっている。小高い山の頂に苔むした石垣が堅牢に組まれた様は、いにしえの武将の...

水と緑と歴史文化輝き増す滋賀おごと温泉

琵琶湖畔にたたずむ、滋賀県おごと温泉。古くから関西の奥座敷として知られてきたが、近年は温泉地と...

富山県立山黒部の季節到来

立山黒部アルペンルートが4月15日に全線開通して、富山県・立山黒部に春がやってくる。北アルプスを...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ