楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ボイスドラマを機に新しい旅を—興福寺・辻明俊執事 奈良の歴史を若者にアピール

直木賞作家の澤田瞳子さんの歴史小説「龍華記」のボイスドラマが2月下旬から、動画配信サイト・YouTubeで無料配信されている。平安末期に起こった南都焼き討ちをテーマにした作品で、ドラマ化に協力したのが法相宗大本山・興福寺の境内管理室長執事の辻明俊さんだ。

「龍華記」は2015年の興福寺中金堂落慶を記念して執筆された作品。平家が隆盛を極める平安時代末期、悪僧(僧兵)として興福寺に身を置く範長が平家の支配に抗おうと、興福寺と東大寺の僧兵たちと平家に小競り合いを挑むが、南都を火の海にしてしまう思わぬ大乱になる…という話。

ボイスドラマは全6話で、2月25日から毎週金曜日20時に順次公開している。1話約15分で、人気声優の内田雄馬さんや間島淳司さんが出演しているのも話題。奈良市と合同会社榧(安達えみ代表)が非接触型観光事業・もくたびとして一般社団法人アニメツーリズム協会により制作された。

興福寺・辻明俊執事

南都焼き討ちは興福寺の歴史的なトピックだった
と辻執事

また、スマホアプリSpotrideを活用した作品の舞台となった興福寺などをめぐるスタンプラリーや、実際に観光マップを作成しアニメの聖地巡礼のような観光を楽しむこともできる。

辻さんは、コロナ禍によって修学旅行が減るなど興福寺や奈良の歴史に触れる機会が乏しくなることを危惧。「若い人たちにアピールできれば」と全面協力した。「新しい形の奈良の旅が提供したい」と期待する。

興福寺では国宝・五重塔の内部を拝観できる特別公開を3月に予定していたが「コロナが落ち着いてから、ゆっくりご覧いただきたい」。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ