楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

中国から押し寄せるクルーズ客船

6年ぶりにクルーズのコラムを再開させていただきます。前回は146回まで連載させていただきましたが、そのころの日本は、クルーズブームというにはほど遠い状況で、いかに船旅文化を日本に根付かせるかを模索する中での執筆でした。

しかし、今、クルーズ客船が日本の港に続々とやってきています。まず、その理由から説明しましょう。

2006年、上海を発着港とするクルーズが始まりました。クルーズには昔からの客船の伝統を引き継ぐ伝統的クルーズと、1960年代にカリブ海で誕生した、一般大衆を対象とした現代クルーズの2つがあります。前者は富裕な高齢者層を相手にした優雅な船旅で、期間も長く、価格も高いのですが、後者は短くかつ安い料金の船旅で、年収が300万円程度からの一般庶民を対象としていました。現代クルーズは北米で大きく花開き、その後も欧州、オセアニア、南米、東南アジアなどで事業展開が図られました…

(池田良穂=大阪府立大学特認教授)

(トラベルニュースat 2017年10月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
新クルーズ学 の新着記事

その他の記事はまだありません。

購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
SNS映えする冬の新潟2

冬の新潟特集第2弾。雪国新潟だからこそ見られるフォトジェニックな風景、景観に加え、冬の新潟は...

SNS映えする冬の新潟1

秋の紅葉。これは国内の比較的広い地域で見ることができる。だから秋観光にはライバルが多い。では...

名湯拠点にいざ清流の国岐阜へ

日本の真ん中、岐阜県。春夏は深い緑、秋は紅葉と豊かな山々が大地を包み、清らかな水をたたえた川...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携アイテム。大阪にある全国の出先案内所収録。毎年5月発行

旅行業者さく引

セールス必携の一冊。近畿エリアの全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ