楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「歌舞伎座」 5か月ぶり興行再開、初日の客の入りは?

このコロナ禍で苦境に立たされている代表が観光と外食産業と言われているが、もっと厳しいのは劇場、興行の世界だろう。

先日、歌舞伎座が再開した。座席数を半分にし、大向こうの掛け声なし。拍手のみなどのルールをお客に科している。

料金が昼夜二部制で合計4時間4演目で3万2千円。以前だと8時間6演目で3万6千円だから、ほぼ倍の料金だ。

問題はそれでもお客さんの入りだが、初日第一部は6割程度しか埋まっていなかったという。高齢客がほとんどいなかったそうだが、それは地方からの団体客の誘致がないからだろう。大箱の劇場は劇団四季も含め、団体客動員がなければアウトだ。

その初日観劇者曰く、興行主の松竹もお客もともに損をしましょう、という構造になってる。これじゃ、とても続けてられないよ、とのこと。

小劇場はもっと悲惨だ。

クラスタ感染を起こしてひんしゅくを買った新宿のシアターモリエール。ここは身内の話ながら、かみさんがここでの芝居に結構出ていたので、僕も楽屋裏を知っているが、もう三密どころの話じゃない。俳優さんが揃って楽屋に入ったら、ギューギュー詰め。こりゃ、ダメだって感じだ…

(松坂健=元跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)

(トラベルニュースat 2020年8月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ