楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

中国南部のクルーズ市場拡大

中国の上海や天津港を発着する大型クルーズ客船が大挙して九州の港にやってくることは前回紹介しました。アメリカのクルーズ運航会社が次に目をつけたのが中国南部のマーケットでした。厦門、広州(南沙)、香港の3港と、台湾の基隆港が起点港に選ばれました。中国北部のクルーズマーケットが急成長過程の踊り場と見た各社は2年ほど前から、中国南部のクルーズマーケットの開拓に取り組みました。

この新しい中国南部発着クルーズの寄港港に選ばれたのは沖縄の港でした。フィリピンやベトナムの港もターゲットに入って開拓が進んでいますが、やはり今の中国人観光客には、日本が最も人気のブランドです。そして那覇港をはじめとして、石垣島と宮古島にも注目が集まりました。

これらの港へのクルーズ客船の寄港数は、2015年から爆発的に増加しています。今年の那覇港への寄港数は237回の予定で、石垣島は153回、宮古島の平良港は140回となりました。海外のクルーズ会社が、沖縄本島の本部港と平良港のクルーズ客船受入施設に大きな投資をすることも決まりました…

(池田良穂=大阪府立大学特認教授)

(トラベルニュースat 2017年11月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
新クルーズ学 の新着記事
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携アイテム。大阪にある全国の出先案内所収録。毎年5月発行

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。18年版11月15日発売

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ